【出雲充(株)ユーグレナ社長の著書「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」】

知的でエキサイティングな青春ストーリー

 

ユーグレナサプリおすすめ一覧はコチラ

 

このサイトの(株)ユーグレナに関する記述は、同社社長・出雲充氏の著書に基づいています。

 

その本を紹介しておきましょう。

 

出雲社長の著書概要

  • タイトル: 僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • 初版: 2012年
  • 価格: 1,620円

 

この本を読むと次のようなことがわかります。

 

  1. ミドリムシとは何で、どのように人間の役に立つのか?
  2. 大量培養の研究史と、(株)ユーグレナが世界初の成功をどのように成し遂げたか。
  3. 創業者の出雲充社長の生い立ちと起業に至るまで。
  4. (株)ユーグレナはどんな企業と提携していて、どんな位置にいるのか?

 

私の感想

ミドリムシと(株)ユーグレナの情報を得るためにこの本を読んだのですが、出雲社長の人間像が一番印象に残りました。

 

起業家というのは、だいたいは常人離れした人が多くて、すごいなとは思うが、共感に至らないことが多いです。

 

古いタイプでは幼少の頃に極貧で怨念エネルギーの塊の人。

 

生まれつきのカリスマで、独裁者とか。

 

しかし、出雲社長はちょっと違うタイプです。

 

頭は確かにいいのですが、カリスマ性に富んだ天性のリーダーではなく、そのことにコンプレックスを持っている。

 

起業に当たっても、成功を確信して突き進むのではなく、煮え切らない感じでにじり寄っていきます。

 

自分の弱さをもどかしく思っているけど、結果として少しずつ起業に近づいていく。

 

天才みたいな仲間もなぜか離れずについていく。

 

そんな姿がちょっと青春ストーリーみたいでよかったです。

 

漫画化や映画化したら結構ヒットするんじゃないかと思いました。

 

堅苦しくなくてとても面白い本なので、ぜひ読んでみてほしいと思います。

 

ユーグレナサプリおすすめ一覧はコチラ